会長挨拶

1971年創業以来、今日に至るまで私の最大の目標としてきた事は、顧客に対して良い製品を謙価で素早く提供すると云うことでした。

創業当時と時代は大きく変わり、企業の海外生産が年々増し、空洞化が激しくなり、日本の資源の無さの中、技術力と生産性を売り物としてきました。

私達中小企業における製造業も多くが淘汰され、大きく変動する時代となっています。今、私達板金加工業も生き残りを掛け、毎日を戦っております。

しかしながら現在に至っても、創業時と今日でも理念そのものは変わっておりません。

これから先も関係各位様と連携を取りながら、微力ではありますが物作りに邁進する事によって、世の中に貢献したいと考えております。



取締役会長 徃住 紀一

 

 

社是

会社であれ、個人であれ、家庭であっても、常に前進する事を考えながら、生きる事が大切である。

 

 

経営理念



葵製作所の役割は、お客様の様ざまな想いを形にすることです。お客様のご要望に寄り添い、信頼関係を創りながら、一緒になってものづくりをしていきたいと考えております。

 

ものづくりの過程では、時に困難なことが起きることもあります。しかし、責任を持って、お客様と一緒に困難を乗り越えていくことで、信頼できる関係を築くことができます。

 

当社が目指しているのは、仕事を通じて信頼関係を強め、お客様との「絆」を深めていくことです。

仕入先、関わる人すべてに対しても同じことが言えます。当社は、「仕事をあげている・もらっている」というよりも、仕入れ先や関わる人を「一緒にものづくりをするパートナー」だと考え、、お互いに「お陰さま」で成り立っていることを忘れず、相手を尊重した対応を心掛けることで「絆」を強めたいと考えています。

 

当社は、ものづくりの「絆」もつないでいきたいと考えています。技術をたゆまず継承し、なくてはならない存在であり続けることで、当社の加工技術を後世に残していきたいと思います。

 

株式会社葵製作所

代表取締役

長谷川 薫